還暦

60年かかって生まれた干支にかえることから、還暦と呼ばれます。

古くから隠居の年とされ、長寿を祝うためのお祝いでしたが、最近では60歳というのはまだまだ若く、長寿のお祝いというよりは今までの感謝の気持ちを伝えたり、これからもよろしくという気持ちを伝える場になっています。

還暦で干支が一周することで、もう1度生まれた時に戻るとして、赤いちゃんちゃんこを着ててお祝いをするという風習があります。

日本では昔、赤い色には魔よけの効果があるとして、赤ちゃんの産着は赤い物が使われていました。

そのため、お祝いの席で赤い物を着るという習慣になったのですが、さすがにギフトとしてちゃんちゃんこを贈ったりもらうというのは抵抗を感じる人が多いようです。

お祝いのプレゼントとしては、好きな食べ物や花束といったものがよく使われます。

しかし、どちらも食べたりすると手元からなくなってしまい、思い出として残すことは難しいです。

プリザーブドフラワー

そこで、還暦のギフトにプリザーブドフラワーはいかがですか。

プリザーブドフラワーは特殊な加工をした花のことで、生花と違って長期間きれいな状態を維持できるというメリットがあります。

加工されているので水やりの手間もありません。造花とは異なり、本物の花の色素を抜いてから特殊な染料を吸わせることでいつまでも鮮やかな風合いを保つことができます。

そのため、白やピンクといった元々お花が持つ色の他に、青など様々なカラーを出すことができるという特徴があります。

紫や青などをグラデーションにすることもでき、贈る人の好みに合わせることが可能です。

プリザーブドフラワー

おまけに、プリザーブドフラワーは花瓶に入ったようなデザインだけでなく、ボックスに入っていたり、絵画のようにフレームに入った物などたくさんの種類があります。

本物のケーキのように花が飾られたものや、キャラクターと一緒になったものもあり、選ぶ楽しみもあります。

水なども不要でそのまま飾ることができる手軽さがあるのに、見た目はとても華やかで美しいです。

プリザーブドフラワーを還暦のギフトにすれば、お祝いの時の楽しい瞬間を見るたびに思い出すことができるでしょう。

還暦祝いに家族で会食に出かけるご家庭も多いですが、おいしいものを食べながら感謝の気持ちを伝え、プリザーブドフラワーをプレゼントすることは一生の思い出になります。

写真を撮る際にもきれいに写りますし、とてもいいギフトです。花粉やにおいもないので、アレルギーやにおいに敏感な人にもおすすめです。

プレゼントを選ぶと言うのは、楽しいことですが相手に合うものを探さなければいけないので難しい部分もあります。

プリザーブドフラワーであれば、還暦という人生の節目にぴったりのギフトになります。

花は女性向けだと思われる方も多いですが、部屋に飾ることができる点と、手間がかからないという点から最近は受け取った男性からの人気のあるギフトとなっています。

 

おすすめの理由記事はこちら「還暦のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか?魅力やおすすめの理由