傘

傘寿などのプレゼントとして選ばれる機会の多い商品が万年筆です。高級筆記用具は記念品として最適で、男女問わず使用することができます。

形がコンパクトなことからもらっても邪魔にならず実用的なため、一筆したためる場合でもそのほかの筆記用具とは違って文面に独特な印象をもたらすことができます。

傘寿のプレゼントとはいっても、万年筆を使用する機会はたくさんあります。最近では高齢者も自宅にいながら様々な趣味を持っています。

年代的にも文字を書いたり朗読したりする趣味の人はたくさんいて、俳句や短歌などの趣味は世代を問わずに人気があります。

万年筆

キャリアを積み重ねた人ほど筆記用具にもこだわりがあり、毛筆をはじめとして高級文具にはだれもが深い関心を持っています。

最近のボールペンやマーカーは色鮮やかでデザイン性の高い作品を作るには便利ですが、高級筆記具にある重厚さや貫録を出すことはできません。

ボールペンやマーカーは筆圧調整がむつかしく、単調な表現しかできないためにも時から得られるインスピレーションはほとんどありません。

年を経た贈り物として傘寿のプレゼントに万年筆が最適なのは、書くことに慣れている人だけがわかっている毛筆のような筆圧などを得られるために、文字を書くのに非常に都合がいいからです。

名入れ

一般的に文具系の贈り物には名入れ文字入れが定番です。

高級筆記具についても名入れや文字入れをすることでオリジナリティを出すことができ、もらった人も記念の品として長く大切に使用できます。

傘寿のプレゼントに選ばれる万年筆が人気なのは、使う人それぞれの手に合ったものに成長していくという味わいがあります。

長く使っていると筆記用具も持ち主に合わせて変化していきます。これは使い捨てのペンなどでは絶対に味わうことができないことです。

高級筆記具の消耗品がいつまでも販売されているのは長く使い続ける人がいるからで、その商品には年齢的なあこがれがいまだにつきまとっているという理由があります。

仮に高級な筆記用具が欲しくても自分には高価だからという理由で買わない人もいるために、記念品には名入れや一言のメッセージを入れたものを傘寿のプレゼントに選ぶのは万年筆が最適だといえます。

高級な文具を選ぶことだけで特別な印象があるうえに、さらにメッセージや名前を入れるだけで一般的な商品も特別なかけがえのないものになります。

気持ち

気持ちのこもった商品は包装紙一枚にも気づかいが感じられ、包装スタイルにも高級感や特別な雰囲気を加えることができます。

傘寿のプレゼントに選ぶ万年筆はその年代の人のあこがれの商品でもあり、手に入れたらいつまでも手放すことができなくなる特別な記念となります。

子供や孫が遠くにいる人なら手紙のやり取りが楽しくなりますし、俳句や短歌など作品を手掛ける人には自分の感情を表現するには最適の贈り物にできます。

高級な贈り物は包装紙などにも気を配ると、さらにあてへ気持ちの伝わる贈り物になります。