結婚式場と風船

結婚式場の仕事には、ウエディングプランナーやブライダルヘアメイクアーティスト、式場スタッフなどさまざまな仕事があります。

いずれも、人生にそう何度もすることのない結婚式という特別な日を、新郎新婦にとってより素晴らしい日となるように働くのが仕事の基本となります。

それでは、それぞれの仕事を通してどのようなスキルや経験が身につくか、見ていきましょう。

結婚式の仕事の花形といえば、ウエディングプランナーでしょう。

ブライダルプランナーといった呼ばれ方をすることもあります。

ウエディングプランナーのお仕事は、まず結婚式を予定しているカップルの担当となります。

そして招待状の手配から式の内容・演出、料理にいたるまで事細かに打ち合わせをします。

さらにアドバイスや提案も行いながら、理想通りの結婚式が挙げられるようにする、これらが主な仕事です。

その他挙式当日も、会場のチェックや予定通り進行しているかなどを念入りにチェックします。

またスムーズに進行するように関係者と打ち合わせを行ったりといった業務も行います。

握手する女性ビジネスマン

ウエディングプランナーの仕事を通して身につくのは、コミュニケーション能力や折衝能力、企画力、マネンジメント能力などが挙げられます。

新郎新婦だけでなく、料理部門や貸衣装部門など他部署との連絡もまめに行う必要があるため、コミュニケーションスキルや折衝能力が必要です。

また、担当するカップルは一組だけではなく、進行状況がバラバラのカップル複数組を同時に担当することが普通ですので、高いマネンジメントスキルも身につきます。

そのほか、接客マナーや伝統的な慣習に関する知識も習得できるでしょう。

ブライダルヘアメイクアーティストは、主に新婦のヘアメイクを行うのが仕事です。

結婚式,新婦のメイクアップ

希望をヒアリングしながら、最大限に新婦の魅力を引き出すヘアセットやメイクをすることが要求されます。

ウエディングドレスだけではなく、和装の場合もありますので、和洋どちらにもふさわしいメイクをするスキルが必要です。

仕事を通してヘアメイク技術が向上します。

経験を重ね、実力を身に着けて、独立してフリーで活躍するヘアメイクアーティストもいます。

なお、メイクアップアーティストのほかに、新郎新婦にふさわしいドレスや衣装を提案するドレススタイリストがいる式場もあります。

結婚式場となる会場のスタッフは、ホールスタッフのほか、厨房スタッフ、サービススタッフ、照明や音響など多岐にわたります。

どの職種であっても、結婚式の準備や、当日の進行がスムーズにいくようにサポートするのが主な仕事です。

結婚式場のテーブル

ホールスタッフは料理の配膳などを行い、厨房スタッフは料理を、サービススタッフは新郎新婦の付き添いやゲストの受付、接客対応、誘導などを行います。

新郎新婦をはじめゲストの方たちにも最良の時間を過ごしてもらえるように、失礼のない対応を取る必要があります。

ですので、接客マナーのほか、コミュニケーション能力が身につくでしょう。

また現状把握・判断能力、臨機応変な対応能力なども身に着きます。