結婚式のウェルカムボード、結婚式後の保管方法

ウェルカムボード

ウェルカムボードは結婚式に不可欠なアイテムです。

近年の新郎新婦は工夫を凝らして参加者を楽しませる様々なウェルカムボードを作るようになりました。

ウェルカムボードは結婚式場の看板となるものなので、気合を入れて作る新郎新婦も多数存在します。

一方で結婚式後の保管方法について悩むケースも多く見られます。

サイズの大きいものを作った場合には、広い保管場所が必要です。また立体的なものの場合にはかさばることになります。

一般的な新郎新婦では、新婚生活が始まるとそのまま部屋に飾っておくというケーズが多く見られます。

しばらくすると袋に入れて押入れやクローゼットにしまうのが通常です。部屋の収納が小さい場合には、場所を取ることになります。

ウェルカムボードは大切な思い出の品なので、ずっと収納にしまったままにするよりも上手に保存しながら有効活用したいという人も多く存在します。

悩み

結婚式の参加者を楽しませるため凝った作りとなっているウェルカムボード、保管に悩むことが多いのが一般的です。

参加者を楽しませることも重要ですが、結婚式後の収納を考えて作ることも重要になります。

広いスペースを確保できる新郎新婦であれば、サイズの大きなものを作っても問題はありません。

そうでない場合はシンプルな作りにすると合理的です。凝った作りにした場合には、気が付かないように綺麗に保存する必要があります。

立体のものや壊れやすいものは、梱包材で包みます。紙袋や麻袋はビニール袋よりも通気性が良く、カビなどが発生しにくいため理想的です。

ぬいぐるみや布を使っている場合には、防虫剤を使用する必要があります。

防虫剤は虫による被害を防ぎますが、変色する可能性もあるので注意が必要です。なるべく日に当たらない場所に保管することが求められます。

結婚式に使用したボードは大切な思い出の品です。

そのまま保管する場合にも、分解して利用する場合にも大事に残せる工夫をすることが重要となります。

新郎新婦

最近のウェルカムボードには新郎新婦の写真を多く使用するケースが見られます。思い出の写真を使用したコラージュは定番となっています。

そのまま飾るのが理想的ですが、華やかな飾りなどを外して飾ると部屋の雰囲気に合わせることができます。

メッセージなどが入っているものも外し他の写真と入れ替えると、インテリアとして自然な形で使用できるようになります。

なるべくシンプルにアレンジすることが、部屋の雰囲気に合わせるコツです。ボードを作る際には最初から保管を考えておくことが重要となります。

柔らかい素材でボードを作り式の後で分割することができれば、フォトフレームに入れて綺麗に飾れます。

当初から部屋に飾ることを前提としたデザインにする方法もあります。

ボードに小さな玩具を使用すると、将来子供が生まれた場合にも利用できます。ボードにお菓子を使用する方法もあります。

この方法だと式の参加者に自由に持って帰ってもらうことも可能です。最後にはシンプルなボードだけが残るので、簡単に保管できます。