お勧めしたい渋谷の見どころ:ヱビスビール記念館

エビスビール

エビスビールは麦芽100%、ホップの正統派ハラタウ・トラディションを使用し、長期熟成で深いコク、きめの細かい泡、すっきりとした喉越し、透明感のある黄金色で人気のあるビールです。

このエビスビールの単独銘柄の名称がついた珍しい記念館が渋谷にあるヱビスビール記念館です。

2010年2月にエビスビール誕生120年目を記念して建てられたこの記念館はエビスビールファンだけでなく多くの人に十分に楽しめるように作られています。

エビスツアーと呼ばれるガイドによるエビスビールの誕生から現在に至るまでの案内と試飲で所要時間40分のガイドツアーがあるのが特徴です。

休館日は毎週月曜日、祝日の場合は翌日、年末年始と臨時休館日もありますのでお出かけ前にはホームページなどでチェックすることをお勧めします。

開館時間は11時から19時まで、入館料は無料ですが、エビスツアーはエビス2種類試飲付きで20歳以上の大人500円、ソフトドリンク付きで中学生以上20歳未満が300円、小学生以下は無料でソフトドリンクが付いています。

エビスガーデンプレイス

ツアー開始時間の10分前までに受付を済ませてスタートします。

開始時間は平日は各時間10分と40分の2回出発、最終回は17時10分、土日祝は10分、30分、50分の3回出発、最終回は17時30分です。

自由に見学できるフリーツアーは無料でエビスギャラリーにある資料や映像でエビスビールの誕生から今に至るまでを知ることが出来ます。

所要時間は20分程度です。試飲は含まれていませんが、有料でテイスティングサロンにて飲むことができます。

テイスティングサロンでは販売機でエビスコインを購入し、コインでビールやおつまみを買います。

基本のエビスビールをはじめ、エビスプレミアムブラック、琥珀エビスやエビスを使ったビアカクテル、ノンアルコールビールテイスト飲料、ソフトドリンク、軽食などが用意されています。

専用のサーバーから注がれるビールを是非楽しみたいところです。

コースター

ミュージアムショップにはここでしか手に入らないオリジナルグッズや逸品があります。

食べ物を原料にした染め物で作ったランチョンマット、日々使いのできる木漆の器や、優しい色合いの珪藻土で作られたコースターにはエビスの顔がワンポイントで入っています。

持ちやすく使いやすい削り箸の兵左衛門のエビス箸にも金色でエビス顔が入っており縁起がよさそうでお土産にぴったりです。

またビールをおいしく飲むための松徳硝子の「うすはりSHIWAタンブラー」は手作りならではの一点もの。

木下宝の「コロコログラス」は丸みのあるかわいいビアタンブラーで、自分へのお土産に欲しい一品です。

会津木綿を使い、型染でエビス顔を染め抜いて作った「守袋」、金色でエビス顔がデザインされている光沢のある手漉きの和紙で作ったはがき、夏目漱石の「二百十日」「吾輩は猫である」からビールが出る場面からデザインを起こして作られた和綴じノートなどもあります。

どれもかわいくて、縁起がよさそうなもので目映りしてしまいます。

ヱビスビール記念館は子供から大人まで楽しめる記念館となっています。